じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

CPAPに慣れない 18/7/2追記

こんにちは。じんぞーの日記にお越しいただきありがとうございます。じんぞーです。

最近はあるスマホのゲームにはまり過ぎて、眼精疲労になり、めまいまでするようになりました。さすがに目を休ませます。

 

 

CPAPに慣れるのは難しい

無呼吸症候群で一番用いられるのはCPAPだと思います。CPAPは寝ている間に気道を塞がないように強制的に空気を送り込む機械です。

 

人工呼吸器のようなマスクをかぶり、そこから風が出てきます。寝ている間つけることによって無呼吸状態を防ぎます。

 

ところが、このCPAPをつけて寝るのが難しいのです。個人差があり、何ともない人はすぐになれるらしいのですが、合わない人はなかなか合わないみたいです。そして、合わない人間の一人が僕です。

 

f:id:zinzo:20171207231615p:plain

 

なかなか仰々しいマスクをつけますので、違和感半端ないです。これをつけて眠るのが大変なんです。

 

そして呼吸が難しい。

 

担当医曰く普通の呼吸とは逆で吐くときに力を入れる必要があるみたいなんです。風が送られてきているので、息を吸う時に力を入れると吸い込みすぎらしいです。

 

普通の人はすぐに慣れて、違和感がなくなるみたいなんですが、とにかく僕は下手くそで未だにきちんと一晩中つけられたことはありません。

 

寝ている最中に起きてしまいます。ひどい時はつけてすぐに呼吸が苦しくなり外してしまいます。

 

それから風を送る機械の音もかなりします。自分の呼吸音も響きます。

 

なかなか苦労していますが、早く慣れたいものです。

 

追記

慣れるためにしている事

とは言っても慣れないと無呼吸状態が継続されているわけですから、看過できません。

 

担当医が言うには僕の場合はCPAPを付けて寝ることに対して強い不安感があって、「本当にこれを付けて寝て大丈夫だろうか」という不安が慣れることの邪魔をしているのではと言うことでした。

 

一度CPAPは苦しいという体験が良くなかったみたいです。

 

そこで提案されたのは、CPAPをしていても大丈夫と自分に刷り込むこと。

 

夜寝る際に付けると、周りが静かで、自分の呼吸音だけが聞こえてくるという状況が心理的に不安を煽ってくるみたいです。

 

ですので、まずは寝る1~2時間ほど前からCPAPを付けて、テレビやYouTubeなどを観る。観ながら付けることで、CPAPによる呼吸を意識しないようにする。

 

それから眠れば、スッとCPAPを受け入れるようになる。と言うことでした。

 

僕も最初はこれで上手くいくようになっていました。しかし、しばらくすると、また付けてしばらくすると苦しくなるようになりました。

 

そこで、次に提案されたのは、寝る時ではなく起きている間に付ける。昼間や夜の早い時間に付ける。そこでCPAPによる呼吸の練習をしたらどうかとの事でした。

 

この方法を僕は何度か試しています。今も試しています。

 

起きている間は何ともないのですが、やはりいざ、寝るときに付けるとやはり苦しくなります。

 

こうなってくると、本当に相性が悪いのかなと思いますね。担当医にはマウスピースの方法もあると言われますが、マウスピースをして寝るなんて、なお更拒絶する気がします。しかも手間と金がかかりますし、効果があるかどうかもわからないわけで。

 

最近はCPAPする事自体がストレスになってきてしまっています(笑)

 

とりあえず、頑張ります!