じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

透析患者・腎臓病患者用のレトルト食品。旅行先、料理をする時間がない時など様々な用途で使える

こんにちは。じんぞーの日記にお越しいただきありがとうございます。じんぞーです。

 

最近は年甲斐もなく、スマホのゲームアプリにはまってしまい、そのせいで眼精疲労がとてつもないことになっています。

 

 

様々な場面で使えるレトルト食品

どうしても腎不全患者の食事は茹でこぼしたり、計量をしたり、味つけを他の家族と別にしたりと手間と時間がかかります。

 

旅行先ではなかなか透析患者が安心して食べることができるものを探すのは大変です。

 

しかし、今はさまざまな会社から色んなレトルト食品が販売されています。実際にいろいろ食べて試してみた中でおススメのものを紹介します。

 

まぜるだけシリーズ

f:id:zinzo:20180204233608j:plainf:id:zinzo:20180204234721j:plain

f:id:zinzo:20180204235525j:plainf:id:zinzo:20180204235622j:plain

 

三島食品のまぜごはんのもと木徳神糧の混ぜればごはんの素です。

 

暖かいご飯と混ぜるだけで、ちらしずしやきのこごはん、五目御飯ができます。もちろんたんぱく質や塩分は抑えられています。

 

正直ちらしずしは口にあわなかったですね。あまり酢が得意ではないのですが、その酢の嫌な部分が強調された味でした。他はおいしかったです。特にきのこごはんの素はきのこの香りがしておいしかったです。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

ゆめシリーズ 

いろんな低たんぱく商品を出しているゆめシリーズのレトルト商品です。

f:id:zinzo:20180205093419j:plainf:id:zinzo:20180205093629j:plain

 

たんぱくと塩分はもちろん抑えられています。なんと言っても豊富な商品量です。

中華丼、南蛮みそ丼、ひき肉カレー、ホワイトシチュー、酢豚、辛口カレー、おでん、ビーフシチュー、すき焼き、ひじき、切昆布煮、大根そぼろに、筑前煮、ぜんまい煮、肉じゃが、五目御飯の素、コーンスープ、野菜スープ、ミネストローネ、チキンスープ

 

といろいろあります。酢豚やひじき、ビーフシチューなど僕は好きなんですが、塩分やリンを気にするとなかなか食べられません。でも、こうして調整した商品があると安心ですよね。しかもこのゆめシリーズは他のと比べると味もしっかりしています。

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっとたんぱくを抑えたい人のためのレトルト商品 

ゆめシリーズなど他のレトルトよりももっとたんぱくを抑えたレトルト商品もあります。

f:id:zinzo:20180205100004j:plainf:id:zinzo:20180205100354j:plain

ハウス食品のやさしくラクケア 低たんぱくミート丼です。

 

麻婆豆腐丼、中華丼、そぼろあんかけ丼があります。麻婆豆腐丼はたんぱく2.8gですが、他の2つは1.5g程度です。2つ食べても1単位という驚愕の低たんぱくです。

 

味は「低たんぱくということを考えると」おいしいです

 スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日毎日腎臓食を作るのは本当に大変です。こういったレトルトを上手く使うことで、日々の苦労を少しでも和らげることができます。