じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

透析患者・腎臓病患者だってカップ麺が食べたい!そんな時は・・こんなカップ麺がある。

こんにちは。じんぞーの日記をご覧いただきありがとうございます。じんぞーです。

 

 

 

 

たまには手を抜きたいときもある

人工透析患者は基本的に厳しい食事制限が設けられます。塩分、リン、カリウム、水分などなど。そのために僕自身も管理をしてリン(たんぱく質管理)、カリウム、塩分を気を付けています。

 

それでもやはり、無性にカップラーメンやカップ焼きそば(北海道ではやきそば弁当が有名)が食べたくなる時があります。それに毎回毎回計算して、味気ないものを食べていては嫌になってきます。基本的に僕は食べることが大好きです。趣味と言ってもいいくらいです。それからいちいち茹でたり、なんだりするのはめんどくさいです。

 

そんな時に腎不全患者のための食品があります。今日はカップラーメンとカップ焼きそばを紹介したいと思います。

 

 

 

f:id:zinzo:20171129133901j:plain

 

マルちゃんから出ている「レナケアーマルちゃんソース焼きそば」「レナケアーとんこつラーメン」「レナケアーしょうゆラーメン」「レナケアーかやくうどん」です。

 

通常よりも早い2分でできます(笑) うどんだけは5分ですね。

 

僕もちょいちょい食べます。透析から帰ってきたときは、おなかが普通の減り方と違いますので少しでも早く食べたいときなどに作ります。

 

作り方は普通のカップめんと同じです。

 

 

 

 

 

マルちゃんソース焼きそば

焼きそばの成分はカリウムが合計135mg、リンが合計86mg、塩分は麺が0.25g、ソース1.72g、ふりかけかやく0.05gで合計2.0gです。

 

ソースは普通のカップ焼きそばと違い、粉末ソースです。味は普通のカップ焼きそばと何ら変わりません。ちなみに僕は粉末ソースは気持ち残すようにしています。それでもおいしいですよ~ 普通のソース焼きそばです。スパイシーでソースのにおいが食欲を誘います!

 

リンク先は12個セットになっていますが、1個でもありますし、それぞれが1個ずつ入った4個セットもあるみたいです。

 

値段は210円前後です。

 

 

 

 

マルちゃんとんこつラーメン

とんこつラーメンの成分はカリウムが合計112mg、リンが合計82mg、塩分は麺が0.61g、スープ1.77gで合計2.4gです。

 

全ての成分はスープも入れての話ですので、まさか腎不全患者で麺類のスープを飲み干すなど御法度ですので、スープを飲まなければ、むしろかなり低く抑えられるのではないでしょうか。

 

味は少々とんこつのパンチは弱いです。仕方ないです。腎不全患者用ですから。それでもこの成分量でこれだけの味が食べれるなんて幸せです。充分にとんこつラーメンの気分は味わえますヨ!

 

値段は180円前後です。

 

 

マルちゃんしょうゆラーメン

しょうゆラーメンの成分はカリウムが合計109mg、リンが合計70mg、塩分は麺が

0.61g、スープが1.98gで合計2.6gです。

 

これもとんこつラーメン同様で成分はスープ込みですので、スープは残した方がいいかなと思います。スープを残せば、かなり低く抑えられると思います。

 

味は普通のしょうゆラーメンのカップ麺と何ら変わりません。あっさりしていて、おいしいです。ネギとコーンが入っています。たまに僕はこれにたまごを落として食べます。これがおいしいんです!

 

値段は180円前後です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

マルちゃんかやくうどん

うどんの成分はカリウムが合計88mg、リンが合計108mg、塩分は麺が0.65g、スープが2.01g、かやくが0.05gで合計2.7gです。

 

これもスープ込みの成分ですので、スープを残せば問題ありません。僕はスープの粉末は少し残すようにしています。

 

味はこれも普通のカップうどんと何も変わりません。非常にだしの良い香りがして、おいしいです。具材も結構入ってますよ。自分でうどんを作るのは面倒だし、塩分も気をつけなければいけないし・・って時にはこれがあれば大丈夫です!

 

値段は180円前後です。

 

 

こんな記事もあります。

 

www.zinzo-no-nikki.com

 

 

www.zinzo-no-nikki.com

 

 

www.zinzo-no-nikki.com