じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

透析患者・腎臓病患者だって、カレーライスやハヤシライスが食べたいときがある。

こんにちは。じんぞーの日記にお越しいただきありがとうございます。じんぞーです。

 

カレーライスはおふくろの味だという人がいるほど、国民食であるカレーライス。昔、学校の帰り道で近所からカレーライスのいい匂いがして、それが自分の家からだったらめちゃくちゃテンションが上がりましたよね。

 

 

 

 

f:id:zinzo:20180125224244j:plain

 

透析患者がおいしく食べられるカレーライスがあります。

透析になってから、何度かカレー作りは挑戦しました。でもどうしても、塩分を気にするとおいしくないんですよ。味気もないし。

 

そんなときに透析患者用のレトルトカレーを見つけました。

 

ハウス食品から出ている「まろやかカレー」です。

 

f:id:zinzo:20180125225130j:plainf:id:zinzo:20180125225336j:plain

 

たんぱく質は調整されて、2.5gで塩分はたったの0.76gです。

 

塩分やたんぱくが調整されているとは思えない味です。とてもおいしいです。具もかなり入っています。透析患者ではない家族が食べても、普通に満足していました。

 

袋または箱のまま電子レンジで加熱するだけです。

 

家では家族がカレーライスを食べるときは僕はこれを食べます。それだけではなく、夜出かけて帰ってきたときに夕食を作るのが手間だったり、時間がない時に僕はなかなか出来あいのものは食べれないので、このレトルトカレーを食べたりします。

 

スポンサーリンク
 

 

スポンサーリンク
 

   

 

 

 

カレーライスだけではありません 

 このハウス食品のまろやかシリーズはカレーライスだけではありません。ハヤシライスとクリームシチューもあります。

 

f:id:zinzo:20180125230539j:plainf:id:zinzo:20180125231011j:plain

 

 こちらもたんぱく調整されていて、ハヤシが2.4g、シチューが2.5gです。塩分はハヤシが0.94g、シチューが1.0gです。

 

ハヤシライスは僕は自分でも作ります。カレーに比べると塩分は少なくても味は食べられる程度になります。しかし、やはり塩分が多すぎないかなど気になってしまいます。

 

そこで、このハヤシライスを食べてみましたが、これもカレー同様おいしいです。ハヤシライスもどきでは無く、きちんとコクがあり、おいしいです。

 

クリームシチューに関しては普通のシチューに比べるとコクやクリーミーさは少し落ちます。でも本来のクリームシチューなんて、乳製品をたくさん使っているので、リンを過剰に摂取してしまいます。しかし、このレトルトだとリンは48mgに抑えられています。たった48mgですよ。そう考えれば味は十分です。

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

 

 3点セットもありました。

 

 

 

味に関してはハウス食品さんの商品なだけあって、かなりこだわっているのではないかと思います。ただ減塩をして、おいしくないものを食べても、それは逆に不健康です。おいしくかつ体に優しいものをたべたいものです。