じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

塩分は意外な物にも入っている。健康な人こそ腎不全の知識はつけた方が良い。

こんにちは。じんぞーの日記にお越しいただきありがとうございます。じんぞーです。

 

 

こんなものにも塩分は入っている

食事制限を始めて、しばらく経ち薄味にも段々となれてきたころのことです。フライにソースもかけずに食べていました。それなのになぜか塩気を感じるのです。もちろん下味もつけていないし、生の状態で買ってきている材料を使っています。

 

なんだろうなんだろうと思っていたら、原因はフライにつけていたチューブのからしが原因だったんです。成分表をみても塩分は載っていません。ですので、作っているメーカーさんに問い合わせたところ実際の塩分量は教えてもらえませんでしたが、大体の%は教えて頂くことができました。もちろんからしだけではなく、チューブのにんにくやショウガ、わさびにも塩分は含まれます。ちなみにそのメーカーさんはわさびが一番塩分割合が高かったです。

 

その当時の僕はまさかチューブのからしに塩分が含まれているとは想像もしていませんでした。しかし、しょっぱいと感じるくらいですから、割合としてはそこそこ入っています。量としては大したことはないでしょうが、少しでも塩分を減らしたい人は気を付けたいところです。

 

それ以来家では粉のからしを練って使っています。粉のからしは塩分が入っていないだろうと思っています。わさびはあまりおいしくないので使っていません。

f:id:zinzo:20171217113606p:plain

 

食事制限を始めて以来成分表を確かめる癖がつきましたが、いろんなものに塩分っていうのは使われているものなんですね。あんこ菓子やアイス、ゼリーなんてものにまで入っているし、パンや麺類なんかにも塩分があるっていうのは透析を始めてから意識し始めました。

スポンサーリンク
 

   

 

 

 

慣れるもの

今でもたまに薄味が嫌になることはありますが、慣れっていうのはすごいですよね。間違いなく制限を始める前に比べたら、薄味に慣れちゃいましたよ。

 

たまに普通のスナック菓子なんかをつまんだり、減塩ではなく普通のしょうゆなんかを使うとしょっぱすぎて舌が痛くなります。塩気が強すぎておいしくないんですよ。かつてはこれをじゃばじゃばかけて食べたり、スナック菓子を2袋食べたりしてわけですからね。ひどいもんです。

 

今思い返すと、透析前の食事は本当にひどいです。そりゃ腎臓を壊してしまうわけです。健康な人こそ大事な体を壊さないためにも腎不全の知識はつけるべきですね。僕は入院中に勉強しながら、「こうなる前に知りたかったな」と思いましたよ。腎不全になってから、腎不全になるまでの勉強をしても遅いんですよね。