じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

透析患者は偉そうなのか?

こんにちは。じんぞーの日記をご覧いただきありがとうございます。最近は血管がまた発達してきて、ますます血管が浮き出てきています。ちょっと嫌だなーと思っているんぞーです。 

 

 

 

透析患者はわがままなのか?

前に透析についていろいろ調べていた時にネットでちょこちょこ見かけたのが、「透析患者はわがままで、偉そうだ」と言う内容でした。この場合の透析患者とは主に血液透析の患者をさしていると思われます。要は病院で透析を受けている際の看護師に対する態度がいただけない人がいるということが書かれていました。中には自分たちのおかげで病院が儲けているからよきにはからえ的な人もいるとの話です。

 

実際はどうでしょうか?まあ一概には言えないですよね。人それぞれですから。と言ってしまっては元も子もないので、僕の個人的な意見を言います。あくまでも個人的な経験の元で言いますとわがままな人は割合的に多いなと感じます。

 

偉そうな人というよりは自分しか見えていないのかなと思わせる人が多い印象です。

 

例えば、アレしてくれコレしてくれを遠慮なく看護師に言いつけます。確かに透析中は動きづらいですが、片方の手空いてますよねと言いたくなることも。っていうかそれくらい少しは我慢しろよなんてことでも簡単に呼びつけます。看護師はマンツーマンではありませんのでそれだけ一人に手がかかると、本当に看護師を必要としている人への対応が遅れたり、看護師のチェックの仕事が遅れたりします。僕も寒くて毛布が欲しかったり、少し具合悪いがわざわざ呼びつけるほどでもないときは通りかかったら伝えようなんて思ったりします。そんな時に一人のわがままに看護師が取られるとなかなか自分の所には来てもらえません。結局そういう人たちは他の人が後回しになってもいいから、俺を(私を)優先しろと言っているのです。

 

それと、いちいち小さなミスやちょっと待たせただけで怒り出す人もいます。

 

穿刺は順番にしていきますから、どうしても後になる人が出てきます。そうすると待たされていることに我慢できずに帰ろうとしたりします。病院もあわてて止めますが、僕は止める必要はないと思っています。だって困るの自分でしょ?って話です。そんなバカみたいな短気起こして、辛い思いするのは患者本人ですよ。しかもちょっと騒ぎになるし、人も取られるので、なおさら遅れるんですよ!皆が!

 

結局今度からはわがまま言ったそいつが優先されるんですよ。そりゃ皆先にしてほしいけどじっと待ってるのにですよ。

 

穿刺はどうしてもミスしてしまう時があります。それは仕方ないですよ。それなのにいちいちデカい声で看護師を怒鳴りつけるんです。たかだか終わるのが10分延びただけですよ。

 

こういった人が多い傾向があるなとは正直思っていました。

 

f:id:zinzo:20171203225122p:plain

 

 

原因と対策

確かにわがまま言う人の気持ちはわかるんですよ。透析は長い時間拘束されるし、ほとんど動けないし、体もしんどいです。僕も猛烈に透析を中断して帰りたくなる時もあるし、穿刺を俺から先にしてくれと思う時もあります。気持ちはわかるけどよそ様もいるわけです。それに私たち透析患者は高額な医療費をほぼ免除して頂いてこの命を繋がせてもらっていることを忘れてはいけないと思います。その謙虚さがあれば、そのような乱暴な言葉を看護師に浴びせたり、帰ろうとしたりはできないはずです。

 

それと、今現状として、病院からすると透析治療は非常に大きなビジネスとなっています。年々透析患者は増えていますし、医療費も高額、それに薬の量も多いです。病院にとって患者一人でも大きいわけです。良いお客様なんですね。ここが普通の病院と患者の関係を崩している一因でもあるのかなと思います。なるべく患者が気持ちよく過ごせるようにというのが、少し過剰になっているかなと。もちろん病院としてやるべきことはやってもらいたいですが、度を越えているものにいちいち対応し、甘やかすとそれがだんだんとエスカレートしてしまうのかなーなんて思っています。

<pスポンサーリンク

   

 

 

最後に

これはあくまでもそういった経験があるし、印象をもったという話で透析患者はそうだといっているわけではありません。もちろんそうではない患者が圧倒的に多いです。現に今行っている病院は比較的そういった方はあまりいません。ただ、看護師や助手さんは気を使って本当に大変そうだなと思います。いつもありがとうございます。