じんぞーの日記

32歳で突然、透析生活を送ることになった男が透析生活をどう楽しんでいるか、苦しんでいるか、何をしているか、他に透析食品などを紹介しています。新たな人生として、翻訳家になるべく0から勉強しています。

透析にカレンダーは関係なし

こんにちは。じんぞーの日記をご覧いただきありがとうございます。じんぞーです。最近、というかずっと胃の痛みに悩まされております。つい、透析をする前の頃の感覚が抜けずに、食べ過ぎてしまったり、早食いだったりを繰り返してしまいます。その結果弱くなった胃腸に打撃が加えられるわけです。

 

 

 

もういくつ寝ると

さて、あと1か月ほどで、透析生活に入ってから、2度目の年末年始を迎えます。昨年は大晦日にハイボールを少しだけなめていました。

 

透析をする前は年中無休の飲食店に勤めていましたので、みんなが楽しい時がかき入れ時でして、年末年始は1年でもっとも忙しい時期ですので、富山から北海道に帰省する暇などなく、ここ10年以上楽しい年末年始など過ごしたことなどありませんでした。

 

体を壊してやっと、家族とゆっくり年末年始を過ごせるとは皮肉なものですね。

 

透析は年中無休

とは言っても透析は年末年始は休みになるわけではないんですね。透析を導入してびっくりしたのはそこです。祝日とかも休みになって、代替でもするのかなと思ったら、絶対に透析のペースは崩しません。当たり前と言えば当たり前ですけど、驚きました。

 

元旦は休みになる病院もあるみたいですが、基本的には何があってもペースは乱しません。

 

正直、僕ら透析患者側は自分の体の事なんで、仕方ありませんが、透析関係の医療の人はちょっとかわいそうだな~なんて思ったりもします。透析に限らず、医療現場は365日24時間休めないですよね。

 

そんな医療従事者がいるから、僕の命は繋がっているわけですね。感謝です。

 

それだけではなく、高額な医療費を社会全体で負担してくれて、僕の命はあるんだなと本当に思います。社会に少しでも恩返しをしたいなと思っています。

 スポンサーリンク

   

 

 

ベット派?イス派?

透析をされている皆さんは大多数の方がベットかイスで透析を受けていると思います。ちなみに僕は今の病院に来て初めてイスに座っての透析になりました。イスと言ってもリクライニングチェアですので、頭や足を上げたり、下げたりできます。ただ透析中は急な血圧低下の恐れがありますので、ほぼ全員足を上げて、頭を下げています。

 

それでもベットよりは起き上がって,体の動きは取りやすいので、本を読んだり、スマホアプリのゲームをしたりするのにはイスの方が便利です。

 

最初はイスの透析最高!なんて思っていたのですが、最近になって、おそらく、イスでの透析の影響からか背中と腰が痛くなり始めました。さらにイスのひじ掛けに何時間も腕を置き続けるせいで、肩と腕まで痛くなり始めました。他にもそう言った患者さんが何人かいらっしゃいますので、おそらくイスの影響かと思います。

 

ただ、ベットはベットで辛いんですね。ずっと寝ている姿勢も辛いわけです。どちらがいいかははっきり言って個人の差ですが、僕はそれでもイスかなと思います。僕の場合透析中はほとんど寝ませんので、イスの方がいいです。